>無添加生活の始め方はこちら

【簡単】食品添加物の見分け方・表示ルールを詳しく知ろう

食品添加物の表示方法を知ろう

食品添加物が食品表示欄にどのように表示されるかごぞんじですか?

食品添加物は、厚生労働省が定めた表示ルールに則して表示されます。

ところがその表示ルールが曲者で、

食品添加物が使われているのに、表示されない場合や、

添加物を複数使用しているのに表示されるものは1つだけだったり…。

お悩み人

そもそも表示されなかったら、食品表示を見てもわからないじゃない!

逆に、無数にある食品添加物の性質を知らなくても、ある程度表示ルールを把握しておけば、危険性の高い添加物を見分けることもできます!

表示ルールを知って、納得できる食品を選びたいですね。

無添加マザーみう

表示ルールから、ある程度読み解くことができるので、
表示ルールを理解しておくと食品選びがラクですよ!

そこで本記事では、食品添加物の表示方法・表示ルールについて説明します。

この記事が、読んでくださった方の食品選びの参考になれば幸いです。

記事を書いた人

余計なものを摂り込まない!/
からだにいい食品を摂るより、からだに悪いものを避ける無添加生活がおすすめ♡

みう
無添加マザーみう
  • ずぼらな働く母
  • 息子(ぼく)のアトピーを食事で改善
  • 添加物や農薬をさけた自然な暮らしをしている(5年)
  • 家族(主にぼく)想いで添加物や農薬にくわしい
  • 無添加食品が好き
目次

食品添加物の見分け方・表示方法

原材料と食品添加物は、分けて表示することが義務付けられています。

そのため食品表示欄を見れば、どれが原材料で、どれが食品添加物なのか見分けることができます。

では、原材料と食品添加物は、どのように表示されるのでしょうか?

食品と食品添加物の分け方

表示方法は以下の3パターンです。
②の「/」スラッシュで区切ってあるものが多いように思います。

①改行で区切る②「/」スラッシュで区切る③別欄で区切る

上記の場合、いずれも「リン酸塩(Na)」以降が食品添加物に該当します。

食品添加物の表示される順番

次に食品添加物の表示順です。

表示順は、全ての添加物の中で、使用割合の高いものから順に表示するよう定められています。

そのため、先頭の添加物が一番多く含まれる添加物になります。

無添加マザーみう

この表示だと、食品添加物の中では、リン酸塩(Na)がもっとも多い!
ということになります。

豆知識

現ルールだと、食品→添加物の順で表示することとなっているため、たとえ添加物の使用割合のほうが多かったとしても、それは表示からはわからないのです。

 

食品添加物の表示方法

食品添加物の表示方法は、厚生労働省が定めており、

下図のように大きく3つのパターンに分けられます。

参考:食品添加物ハンドブック

この中でもわかりずらい赤枠の3つの表示方法について説明します。

 

①添加物名|用途名付き(毒性が強いものが多い)

用途名と添加物名の両方の表示義務があるものを「用途名併記」といいます。
用途名付きの添加物は毒性が強いものが多いため、厚生労働省が消費者にどんな添加物なのか自分で判断できるように用途名併記を義務付けています。
※ビタミンEやビタミンCのように毒性がほとんどないものもあります。

【読み取り方】
用途名と添加物名をセットで記載することになっており、「用途名(添加物)」のように表示される。
たとえば、
発色剤として、亜硝酸Naを使用している場合は、「発色剤(亜鉛酸Na)」となる。

以下8種が用途名併用に指定されているものです。

  • 酸化防止剤
  • 発色剤
  • 甘味料
  • 保存料
  • 防カビ剤
  • 着色料
  • 漂白剤
  • 糊料(増粘剤、ゲル化剤、安定剤)

それぞれの使用目的と添加物の例がこちらです。

用途名使用目的添加物の例
①酸化防止剤酸化を防止するエリソルビン酸、BHT、L‐アスコルビン酸
②発色剤黒ずみを防いで、色を鮮やかに保つ亜硝酸Na、硝酸Na、硝酸カリウム
③甘味料甘味をつけるステビア、アスパルテーム・L‐フェニルアラニン化合物、スクラロース、ステビア抽出物
④保存料保存性を高める安息香酸Na、ソルビン酸カリウム
⑤防カビ剤カビや腐敗を防ぐイマザリル、OPP(オルトフェニルフェノール)、オルトフェニルフェノールナトリウム、TBZ(チアベンダゾール)、フルジオキソニル
⑥着色料着色する赤2、赤102、カラメル、コチニール色素
⑦漂白剤漂白する亜塩素酸Na、亜硫酸Na、二酸化硫黄
⑧糊料
(増粘剤、ゲル化剤、安定剤)
とろみや粘性を持たせたり、ゼリー状に固めるカラギナン、カルボキシメチルセルロースナトリウム、キサンタンガム、グァーガム、ペクチン

食品添加物の中には、発がん性が懸念されているものが複数ありますが、それらの多くが、「用途名併記」に分類される添加物です。

無添加マザーみう

発がん性が懸念される食品添加物は以下の記事でくわしく解説しています!
とくに避けたい添加物がわかります!ぜひ参考にしてくださいね!

 

②一括表示(用途名)

食品衛生法で「調味料」や「香料」など、同じ目的のために使われるのであれば、一括表示していいと定められています。
このように、いくつかの添加物を一括して表示することを「一括表示」といいます。
一括表示が認められている添加物は、いずれもそれほど毒性の強いものではありません。
※合成香料などの一部に強いものもありますが、添加量が少ないため、影響が少ないと考えられています。

たとえば、「ph調整剤」。

通常、phを調整することを目的に、「クエン酸ナトリウム」や「酢酸ナトリウム」など複数の添加物が添加されますが、使用目的がph調整の場合は一括表示してもよい添加物になるので、表示としては「ph調整剤」1つになります。

以下14種が一括表示が認めれているものです。

用途名使用目的食品添加物の例
①酸味料酸味をつけるクエン酸、L-酒石酸、乳酸
②香料香りをつけるアセト酢酸エチル、アセトフェノン、アニスアルデヒド など多種。
※化学的に合成された香料と、天然物から採った香料に分けられる。
③調味料味付けをするL-グルタミン酸ナトリウム、5′-イノシン酸二ナトリウム、コハク酸二ナトリウム、塩化カリウム
④膨張剤食品を膨らます重曹、グルコノデルタラクトン、硫酸アルミニウムカリウム
⑤ph調整剤・酸性度やアルカリ度を調整する
・保存性を高める
DL-リンゴ酸、乳酸ナトリウム、クエン酸ナトリウム、フマル酸ナトリウム
⑥乳化剤油と水を混じりやすくするグリセリン脂肪酸エステル、サポニン、ショ糖脂肪酸エステル、レシチン
⑦イーストフードパンをふっくらさせるリン酸三カルシウム、炭酸アンモニウム
⑧豆腐用凝固剤豆乳を固める塩化カルシウム、硫酸カルシウム、グルコノデルタラクトン
⑨かんすい中華めんの食感、風味を出す炭酸カリウム、炭酸ナトリウム、リン酸水素二ナトリウム、ピロリン酸四ナトリウム
⑩ガムベースガムの基材となる酢酸ビニル樹脂、ジェルトン、チクル
⑪チューインガム軟化剤ガムを柔らかくするグリセリン、D‐ソルビトール
⑫苦味料苦味をつけるカフェイン、ナリンジン、ニガヨモギ抽出物
⑬光沢剤つやを出すシェラック、パラフィンワックス、ミツロウ
⑭酵素食品の製造、加工に使用するβ‐アミラーゼ、プロテアーゼ

※②香料の補足
香料は、少量・多種で使用されるケースが多い。
たとえば「コーヒー」。下図の食品添加物は、「香料」と「シリコーン」。
添加物は「香料」と「シリコーン」の2つだけに見えますが、実際にはコーヒーには多数の香料が必要なため、「酢酸エチル」や「ギ酸イソアミル」など多数の香料が使われています。

香料に限らず、一括表示の添加物は、実際の添加物数は表示されている数よりもずっと多くなります。

※③調味料の補足
食品添加物としての調味料は、「アミノ酸」、「核酸」、「有機酸」、「無機塩」の4グループに分類されます。
アミノ酸系の添加物を使用した場合は、「調味料(アミノ酸)」と表示される。

また、アミノ酸、核酸、有機酸、無機塩のうち2種以上を使用する場合は、多く使用したものに「等」を付けて表示されます。
例:アミノ酸:核酸:有機酸=8:1:1で使用した場合は、「調味料(アミノ酸等)」と表示される。

お悩み人

よく見る「調味料(アミノ酸等)」はそういうことだったのか!

 

③表示免除

実は使われていても表示されない添加物があります。

それが以下の3つです。

  • 加工助剤
  • キャリーオーバー
  • 栄養強化剤

表示免除|加工助剤

その食品を作る過程で添加され、完成したその食品には、添加物が残っていない。または、ごく微量で食品の成分には影響を与えないものは、表示を省略することができます。

そのため、食品表示欄には表示されませんので、見た目には添加物が使われていることがわかりません。

【使用例①:サラダ油(抽出法)
サラダ油の製造工程で、油を効率的に抽出するために「ノルマルヘキサン」という化学物質が添加される。
しかし、完成したサラダ油には、添加物が残らないとして表示義務はありません。

【使用例②:醤油(脱脂加工大豆)
醤油の原料に使われがちな、脱脂加工大豆。
脱脂加工大豆も、同じく「ノルマルヘキサン」を使って油を抽出してできた副産物ですので、同様です。

具体例がこちら。

食品例使用添加物
サラダ油(抽出法)抽出溶剤(ノルマルヘキサン)
醤油(脱脂加工大豆を使ったもの)抽出溶剤(ノルマルヘキサン)
カット野菜次亜塩素酸ナトリウム
豆腐消泡剤

この中には、ガソリンに含まれる成分や、ハイターと同成分のものもあり、とても食べ物に使うものとは考えられないようなものがあります。

表示免除|キャリーオーバー

材料の加工の際に使用されるが、次にその原材料を用いて製造される食品には使用されず、その食品中には原材料から持ち越された添加物が効果を発揮することができる量より少ない量しか含まれていないもの。

つまり、その食品に含まれる原材料に使われた添加物のことです。

使用例:醤油せんべいの「醤油」に含まれる人工甘味料や着色料などの添加物。
    パンの原材料のマーガリンに添加された乳化剤や酸化防止剤などの添加物。

表示免除|栄養強化剤

栄養成分の強化のために使用される添加物で、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類に大別されます。
栄養強化を目的として使用した添加物は、表示が免除されます。

【使用例:清涼飲料水や青汁】
「牛乳●本分のカルシウム配合」「レモン●個分のビタミンC」「しじみ●個分のオルニチン配合」など

無添加マザーみう

表示免除される食品添加物については、以下の記事でくわしく解説していますのでご覧ください。

 

食品添加物は簡略名または類別名で表示されることがある

原則、添加物は物質名を表示しますが、化学名では馴染みがなく、わかりづらいものがあります。

その場合、一部の添加物は、物質名ではなく、添加物の「品名」、「別名」、「簡略名及び類別名」のいずれかを表示すればいいことになっています。

また、同種の機能の添加物を併用した場合、簡略化した表示を用いることができます。

同じ添加物を使っているのに、商品によって表示される添加物名がことなることがあるのはこのためです。

品 名別 名簡易名または類別名
亜硫酸ナトリウム亜硫酸ソーダ亜硫酸塩、亜硫酸Na
L-アスコルビン酸ビタミンCアスコルビン酸、V.C
カカオ色素ココア色素カカオ、フラボノイド、フラボノイド色素
エタノールエチルアルコールアルコール、酒清
水酸化カルシウム消石灰水酸化Ca
無添加マザーみう

上図のように「L-アスコルビン酸」は「ビタミンC」や「V.C」などと表示してもいいことになっています。

 

番外編:「●●無添加」表示に気を付けて!

近年の健康意識の高まりから、「化学調味料無添加」や「保存料・着色料無添加」などと無添加をうたった商品が増えたように思います。

わたしも無添加生活をはじめて間もないころは、「無添加」というワードに飛びついていましたが、食品表示欄を見てびっくり!

無添加マザーみう

他の添加物は普通に入ってる~!

「●●無添加」はあくまで「●●は入っていませんよ」という意味ですので、食品表示欄をしっかり確認しましょう。

 

まとめ

食品添加物の表示方法についてご説明しました。

いままで食品添加物については学ぶ機会がなく、

「お店においてあるものだから、安全なのが当たり前!」と思っていましたが、

かならずしも「安全」と言い切れないものがあり、それらが普通に流通しています。

いま完全に添加物をさけることはむずかしいですが、

表示ルールを知ることで、選ぶことができ・これだけは!と思う食品添加物を避けることもできます。

表示ルールを知って、納得できる食品を選びたいですね。

この記事が、読んでくださった方の食品選びの参考になれば幸いです。

●参考
一般社団法人 日本食品添加物協会
食品衛生の窓
書籍:食品添加物ハンドブック

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次