➡無添加生活の始め方はこちら

【簡単に説明】食品添加物とは?メリット・デメリットは?

食品添加物とは?メリット・デメリットは?

わたしたちが普段食べている加工食品には必ずといっていいほど「食品添加物」が使われています。

そんな当たり前に使われている「食品添加物」。

食品の保存性の向上や低価格化の実現など、メリットがたくさんあるのですが、実はデメリットもたくさんあることをごぞんじですか?

そのデメリットというは、体への影響が懸念されているものがあるということです。

メリット・デメリットを知った上で、納得できる食品を選びたいですね。

本記事では、こちらの内容についてご説明します。

  • 食品添加物とは?
  • 食品添加物が使われる理由とメリット
  • デメリット
記事を書いた人

からだにいい食品を食べるよりも、からだに悪いものを避けることが健康への近道!つまり無添加生活♡

みう
無添加マザーみう
  • ずぼらな働く母
  • 息子(ぼく)のアトピーを食事で改善
  • 添加物や農薬をさけた自然な暮らしをしている(5年目)
  • 家族(主にぼく)想いで添加物や農薬にくわしい
  • 無添加食品が好き
目次

食品添加物とは?

食品添加物は厚生労働省でこのように定義されています。

食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuten/index.html

食品添加物は、食品の見た目や保存性・味を向上させるために、食品を加工する際に添加するもので、「食品」ではありません。

また、食品添加物は「指定添加物」「既存添加物」「天然香料」「一般飲食物添加物」の4つに分類されており、

「指定添加物」はそのほとんどが化学合成して作られた、いわゆる合成添加物です。

現在800品目を超える食品添加物があり、その中にはからだへの影響が懸念されるものも…。

食品添加物原料説明
指定添加物
(475品目)
ほとんど合成自然界には存在しない化学合成物質や、自然界に存在するものをまねて作った化学合成物質に分けられる。
危険なものが多い。
例:L-グルタミン酸ナトリウム(調味料(アミノ酸))、安息香酸Na、アステルパーム
既存添加物
(357品目)
天然昔から広く使用されており、長い食経験があるもの。
既存添加物名簿に収記されたもの。
安全なもの、危険なものが混在している。
例:ウコン色素、カラメル色素、香辛料抽出物
天然香料
(614品目)
天然動物や植物から得られるもの。
比較的安全ですが、ものによっては心配なものもある。
例:バニラ香料、カニ香料
一般飲食物添加物
(106品目)
天然もともと食品に含まれる成分。安全。
例:パプリカ粉末、赤キャベツ色素、オレンジ果汁、寒天、

※本ブログで食品添加物と呼ぶのは主に、「指定添加物」「既存添加物」です。

食品添加物が使われる理由とメリット

食品添加物を使う理由とメリットはさまざまありますが、主なところはこちらの3つで、総じてコストを下げることではないでしょうか。

食品添加物が使われる理由とメリット
  • 保存性を高める
  • うまみをつける
  • 食品の価格を下げる

保存性が高い=消費期限が伸びる→コストが下がる
うまみをつける=低品質な原料でもおいしくなる→コストが下がる

このように、食品添加物を使った場合、すべてコスト削減にむずびつきます。

無添加マザーみう

たべものを安く提供するためにはやむ負えないのかも…

メリット①:保存性を高める

 食べ物は時間がたてば、さまざまに変化します。

腐敗、変色、酸化、カビなど。

そこに添加物(保存料、発色剤、酸化防止剤、防カビ剤など)を加えることで、食品の劣化を防ぎ、長期保存することができるようになります。

そのおかげで、食中毒はほとんど起こりませんし、手軽にいろいろな食べ物を食べることができます。

結果的に食品を広く安全に流通させることができるのです。

メリット②:うまみをつける

味気ない食材にも、添加物(うまみ調味料など)を加えることで、濃厚なおいしい味ができます。

たとえば、ラーメンのスープ。

野菜や鶏ガラなどを煮込んで作ると、コストも時間もかかりますが、添加物によって簡単においしい味にすることができます。

また、食材を使わないので、低コストで、誰でも簡単においしい味にすることができます。

ただ、これはメリットでもありますが、食材本来のうまみがわからなくなってしまったり、味覚機能低下の危険性がありますので、一概にメリットだけとはいえない部分でもあります。

メリット③:食品の価格を下げる

腐敗や賞味期限切れによる廃棄が減り、安価にうまみを出せるので、必然的に低価格で商品を提供することができるようになります。

また、低品質な食品でも添加物によって、発色をよくしたり、うまみを付けたりすることで「食品」として販売することができるので、食品ロスにもつながります。

食品添加物のデメリット

食品添加物には、総じてコストを下げるというメリットがありましたが、デメリットはどうでしょう?

デメリットはおもに「ひとへの安全性の懸念」です。

食品添加物のデメリット

いずれも「安全性」にかかわるものです。

  • 発がん性
  • ヒトへの安全性の検証が不十分
  • 複合摂取による安全性がわからない
  • 原材料・食品添加物の品質への懸念
  • 摂取量

デメリット①:発がん性

2019年の国立がん研究センターの調査によると、

日本人が一生のうちにがんと診断される確率は、男女ともに2人に1人なんだそう。
※内訳:男性65.5%、女性51.2%

WHO(世界保健機構)の国際がん研究機関は、ハムやウインナーなどの加工食品を習慣的に食べる人はそうでない人と比べて、大腸がんになるリスクが高くなると発表しています。

たらこや明太子を食べる人も同様に胃がんの発生率を高めていることもわかっています。

いずれも食品そのものではなく、添付される食品添加物ががんの原因になると考えられているのです。

発がん性の他にも不妊や、うつ症状、頭痛などさまざまな心配があります。

また、一度は安全だと認められ使われていたのに、何年か経過して、発がん性などが発覚し使用禁止になることもあります。

デメリット②:ヒトへの安全性の検証が不十分

説明が重複しますが、食品添加物は、厚生労働省が「安全である」と認めたものになります。

お悩み人

なにをもって安全なの?

「安全である」根拠は、動物(ラットやマウスなど人間と同じほ乳動物)を使った実験結果で、ヒトへの検証がされているわけではありません。

あくまで動物実験の結果にもとづき、「害はないだろう」と推定しているだけなのです。

加えて動物実験で調査できることにも限りがあります。

動物実験で調査できること

  • 急性毒性
  • 発がん性
  • 催奇形性
  • 肝臓や腎臓や血液などへの毒性
  • 体重増加抑制

以上のように、確認されていることは、症状がはっきりわかるものだけ

つまり、動物実験では確認できることに限界があり、皮膚のアレルギー症状や、胃の不快感など体への微妙な影響は確認できないのです。

デメリット③:複合摂取による安全性がわからない

さきほどご説明した、動物による安全実験では、実はひとつの添加物に対する実験しか行っていません

したがって、複数の食品添加物を摂取した場合の複合汚染の影響については実証されておらず、2種類以上の添加物を摂取した場合の安全性はわからないのです。

現状、ひとつの食品に含まれる食品添加物は数十種類になることが多く、単体でとることはほとんどありません。

影響が心配される複合毒性例

物質名説明食品例
亜硝酸Naとジメチルアミン●宇亜硝酸Na(発色剤)
ハム、ウインナー、ベーコンなどの加工品の発色剤として使われることが多い。

●発がん性
亜硝酸Naと豚肉などに含まれるたんぱく質ジメチルアミンとが反応すると、強い発がん性のあるニトロソアミン類が生成される。
ハム、ウインナー、ベーコンなどの加工品、たらこ、明太子など
亜硝酸Naとソルビン酸●ソルビン酸(保存料)
ハム、ウインナー、ベーコンなどの加工品の保存料として使われることが多い。
ハム、ウインナー、ベーコンなどの加工品など
亜硝酸Naとパラオキシ安息香酸●パラオキシ安息香酸(保存料)
略称「パラベン」。
パラベンには複数種類があり、添加物として認められているのは5品目。
5品目の中のブチルパラベンを使った実験でラットが死亡してしまった。
食品表示は「パラオキシ安息香酸」となるため、なにが
使われているかはわからない。
パラオキシ安息香酸:しょうゆ、果実ソース、酢、清涼飲料水など
複数のタール系色素(着色料)の組み合わせ
例:赤色2号、3号や、黄色4号~5号など
●発がん性
●幅広く使われているため複合摂取になりやすい
お菓子、漬物、清涼飲料水、ジャム、漬物、たらこ、ハム、ソーセージ、かまぼこなど

デメリット④:原材料・食品添加物の品質への懸念

加工食品として加工される原材料の中には、そのままの状態では、とても食べられないようなものがあるそうです。

著書「食品の裏側」の阿部司さんの有名なミートボールのお話がそうです。

阿部司さんのミートボールのお話

食品添加物のトップセールスマンでスペシャリストだった阿部司さん。

様々な食品に食品添加物を提案し、たくさんの食品添加物入りの加工食品を生み出してきました。

事件の発端となったミートボールも阿部さんが手がけた加工食品のひとつです。

そのミートボールの原料は、そのままではミンチにもならない・味もしない、もはや食肉とも呼べないような、ドロドロの端肉でした。

阿部さんは、その端肉に約30種類の添加物を加えることで、おいしいミートボールを作ったのでした。

そのミートボールは大ヒット商品となり、ビルが建ってしまうほどの売り上げだったそうです。

ある日のこと、阿部さんの娘さんの3歳の誕生日。

食卓で3歳の娘さんが、あのドロドロの端肉で作ったくず肉ミートボールをおいしそうに食べていたそうです。

そのくず肉ミートボールは娘さんの大好物だったんだとか。

その日のできごとがきっかけとなり、阿部さんは食品添加物のセールスマンをやめられたそうです。

参考書籍:食品の裏側

また食品添加物の多くは人件費の安い外国で作られています。

これらが国産と同じような品質管理レベルで作られていないのではないか、不純物が多いのではないかなど、懸念が指摘されています。

デメリット⑤:摂取量

添加物には安全性という側面から、摂取量を細かく定められているものがあります。

それを超えて摂取すると安全とはいえないからです。

それに対して、日本人の食品添加物の平均摂取量は、1日10グラム。年間4キロ
※食塩の摂取量とほぼ同じです。

年々便利な加工食品が増え、食品添加物の使用量も売上額も増え続けていることから、実際にはもっと多いとも言われています。

摂取量が増えることでの体への影響が心配です。

まとめ

食品添加物の概要とメリット・デメリットをご紹介しました。

改めて思い返すと、食品添加物について今まで学ぶ機会がなかったですよね。

食品添加物は、おいしい食品を簡単に安価で提供することのできる、必要不可欠なものです。

その反面、デメリットもある…。

メリット・デメリットを知った上で、納得できる食品を選びたいですね。

この記事が、読んでくださった方の食品選びの参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次