➡無添加生活の始め方はこちら

【無添加歴5年目の実体験】添加物をやめるとどうなる?からだに起こった変化

お悩み人

添加物をやめたらどんな変化があるのかな?
実際の体験談を知りたい!

健康意識の高まりから、健康的な生活が注目されていますよね。

そこで気になるのが効果!

実際のところ、からだに変化があるのか?どんな変化が起こるのか?知りたいですよね。

そこで、無添加生活5年目の筆者が、添加物をやめたことで起こったからだの変化(体験談)をご紹介します。

たまには外食もしますし、からだに悪そうなおかしも食べます。

完全無添加ではなく、なるべく添加物をやめた結果だと思ってご覧ください。

また、化学的に実証しているわけではありませんので、体験談程度に読んでいただけると幸いです。

記事を書いた人

からだにいい食品を食べるよりも、からだに悪いものを避けることが健康への近道!つまり無添加生活♡

みう
無添加マザーみう
  • ずぼらな働く母
  • 息子(ぼく)のアトピーを食事で改善
  • 添加物や農薬をさけた自然な暮らしをしている(5年目)
  • 家族(主にぼく)想いで添加物や農薬にくわしい
  • 無添加食品が好き
目次

食品添加物とは?

食品添加物は、保存性を高める・うまみを付ける・食品の価格を下げることなどを目的として食品を加工する際に添加するものです。(ほとんどが化学合成物質)

ほとんどすべての食品に、食品添加物が入っています。

ものによっては、ほとんどが添加物!なんてことも。

食品添加物について詳しく説明しています。こちらもチェックしてみてくださいね!

食品添加物のからだへの影響

食品添加物は、いつでも安い価格で手に入れるなどたくさんのメリットはありますが、デメリットも。

デメリット

  • 発がん性などからだへの安全性の懸念があること
  • 安全性の検証も不十分であること
  • 味覚を狂わせてしまうこと

WHO(世界保健機構)の国際がん研究機関は、ハムやウインナーなどの加工食品を習慣的に食べる人はそうでない人と比べて、大腸がんになるリスクが高くなると発表しています。

いずれも食品そのものではなく、添付される食品添加物ががんの原因になると考えられています。

発がん性の他にも不妊や、うつ症状、頭痛などさまざまな心配があります。

また、厚生労働省の調査によると、日本人の3人に1人は何らかのアレルギー疾患なんだとか。

食品添加物もアレルギーの原因物質のひとつと言われています。

わたしが無添加生活を始めたきっかけは、まさにからだへの影響です。

最低限避けたい食品添加物をまとめていますので、こちらもチェック!

無添加生活をはじめたきっかけは、息子ぼくの肌荒れ改善のため

先ほど健康被害の話をしましたが、わたしが無添加生活をはじめたきっかけは、健康のためではありません。

息子ぼくの肌荒れ改善のためです。

ぼくは、生まれたときから肌が弱い子でした。

(わたしは肌は強い方です)

生後1ヶ月ごろから、乳児湿疹が出て、そのころから皮膚科に通っていました。

皮膚科には毎月通い、保湿剤とステロイド剤を処方してもらう。

処方されるステロイド剤を塗ればきれいになったので、毎晩お風呂あがりに全身に塗りたくっていました。(今考えると恐ろしい…)

特に、皮膚の柔らかい部分はかゆくなりやすく、脇には薬によるシミができるほどステロイド漬けの生活です。

最初はそれでよかったのですが、徐々にアトピーはひどくなり、皮膚の柔らかい部分だけでなく、太ももや、手の甲など、かゆい範囲が広がっていきました。

それにともない、どんどん強いステロイド剤を使うように。

しまいには、強いステロイド剤も効かなってしまいました。

手や足があかぎれで、とてもひどい状態に。

無添加マザーみう

今思い出しても辛くなります。。

こんな状態になり、薬漬けの習慣に疑問を感じ、脱ステロイドを決意。

お肌によいと言われることをたくさん試しました。

無添加マザーみう

本当にたくさんのことを試しました…

いろいろなことを試して、効果が感じられたのが、「食品添加物を除去する」ことでした。

【息子ぼくの】添加物をやめたことで起こったからだの変化

最初は、「かゆみが治まれば!」と思って始めた無添加生活でしたが、お肌以外にも、よい変化がありました。

改善した順にこちら。

  • アトピーが治った
  • からだが強くなった
  • 味覚が変わった

※いずれもやめてすぐにパッと良くなったわけではありません。

①アトピーが治った

手の甲の節々まで真っ赤であかぎれていましたがとってもきれいに!

食品添加物を除去して、1ヶ月くらいで、少しだけ変化がありました。

「あれ?なんかあかぎれが治まった?」

「寝る時かかなくなったな」

「シーツに血がついてない!」

そして半年もたつころには、お肌がツルツルになっていたのです!!

病院に行っても、強いステロイド剤を処方されるだけだったぼくのお肌がツルツルになった時は、ただただとてもうれしかったです!

ただ、今でも外食が続くと、かゆくなりますが、自炊に戻るときれいになります。

ついでに同居しているおばあちゃんも蕁麻疹で毎日アレルギーの薬(アル●オン)を服用していましたが、こちらも脱アレルギー薬ができました。(息子ぼくより時間はかかりました)

今は蕁麻疹も出ませんし、薬も飲んでいません。

②からだが強くなった

もともとからだがあまり強くなく、こんな症状が出やすい子でした。

  • 風邪をひきやすい
  • 頭痛がある
  • めまいや耳鳴りがする
無添加マザーみう

冷たい夜風の散歩で風邪をひいてしまったり、保育園児なのに頭痛で嘔吐したり…とにかくからだが弱かったです

風邪をこじらせて入院してしまうこともありました。

ところが、無添加生活をはじめて数か月たったころに、「そういえば…風邪ひいてない!!」と気が付いたのです。

添加物をやめて5年目になりますが、今では年に1回風邪を引くかどうか。くらいで、

病院に行くほどの大熱が出ることもなくなりました。

※あくまでわたし個人の感想です。

③味覚が変わった

これは、わたしにもあった変化ですが、息子ぼくの方が早く出た変化です。

添加物断ちをしてからしばらくは、添加物たっぷりのラーメンやスナック菓子、菓子パンなど食べたがりましたが、徐々に欲しがらなくなりました。

お友達のおうちでいただくことはあるようですが、スーパーへ行っても欲しがりません。

息子ぼく

おやつは、塩おにぎりが一番好き!

たとえば、ソースやきそば。無添加のソースで作るとどうしてもやさしい味で、わたしはいまだに物足りなく感じますが、「前の(インスタント)よりおいしい~!!おかわり~!」と大満足しています。

小さいころから味覚を整えるというのは大切なんだな~と思いました。

【わたしの】添加物をやめたことで起こったからだの変化

まさか、わたしにまで変化があるとはおどろきましたが、こんなにうれしい変化がありました。

改善した順にこちら。

  • 生理痛が軽くなった
  • 風邪をひかなくなった
  • 片頭痛が軽くなった
  • 肌が綺麗になった

※いずれも、やめてすぐにパッと良くなったわけではありません。

①生理痛が軽くなった

若いころから生理痛があり、出産後も相変わらず、生理1日目はぐったり。

寝ていないと痛くてつらい状態です。

ところが、今は、生理1日目でも普通に生活できるくらいに改善しました!

これが無添加生活の効果なのかは不明ですが、とにかく生理痛がなくなったことはうれしいです!

標準的なナプキンに使われる「ポリマー」。

吸水性は抜群ですが、子宮を冷やしてしまうという難点があります。

ナプキンに使われるポリマーとは?

ポリマーは多くの水分と経血を吸収しますが、水分を含むポリマー入りの吸収体を、長時間肌に密着していると、ジェルの温度変化と共にデリケート部分の熱が移り、体温が奪われてしまうと言われています。

そんなポリマーは、保冷剤や熱さましなどの吸熱剤としても使用されています。

引用:ナチュラムーン公式HP

「子宮を冷やさない」という意味で、ナプキン必ずノンポリマーのものを選んでいます。

わたしが使っているのは、ナチュラムーンのもの。

ぜひためしてみてくださいね!

②風邪をひかなくなった

息子ぼくと同様、わたしもからだは弱めです。

ぼくが風邪をひくと必ずわたしも風邪をひくことになります。ぼくと一緒に年に何度も風邪をひいていました。

こちらも、無添加生活をはじめて1年目から風邪をまったくひかなくなりました。

無添加マザーみう

無添加生活をはじめて5年目になりますが、
以来、1回も風邪をひいていません!笑

③片頭痛が軽くなった

わたしは、こどものころからの片頭痛で、ひどいと嘔吐してしまうくらいです。

片頭痛の専用薬が手放せず、週に3日程度は頭が痛くなり薬を飲んでいました。

体質的に治ることはないものだと思っていましたが、無添加生活をはじめて1年後くらいから徐々に改善してきて、ここ3年くらいは薬は一切飲んでいません。

今までストックしていた薬は使用期限が切れ捨ててしまいましたし、

通院もしていないので、手元に薬はおいていません。

時々痛くなることはありますが、嘔吐するほどのひどい頭痛は起こらなくなりました。

これはまさに夢のようなできごとでした…!

④肌が綺麗になった

もともと肌は強い方で、あまり吹き出物が出ることもありませんが、生理周期でニキビ(吹き出物?)が出てしまうことも。

無添加生活のおかげなのか?年齢が進んだからなのか?定かではありませんが、無添加生活をはじめたタイミングで、ニキビが出ることがなくなり、肌が綺麗になりました。

無添加生活を始めるために、実践したこと6つ

わたしが無添加生活において実践したことはこちらの6つ。

添加物は食べ物だけでなく、身の回りのいろいろなものに使われています。

予算的にも、一気に変えることはできませんでしたので、以下の順にかえていきました。

  • 食品添加物をなるべく避ける
  • 無農薬野菜にかえた
  • 天然魚・良質の肉にかえた
  • 調理器具をかえた
  • 洗剤・石鹸をかえた
  • 化粧品をオーガニックのものにかえた

初心者さん向きに、無添加生活の始め方をまとめました。こちらも参考にしてくださいね!

①食品添加物をなるべく避ける

ほとんどすべての食品に添加物が入っています。

わたしも台所をチェックしたところ、調味料をはじめ、ウインナーや明太子などの加工食品、こどものおやつなど、添加物がたーっぷり入っていました。

一気にすべてを変えることはできませんでしたので、以下の順で食品添加物をなるべく避けるようにしました。

  • 調味料
  • 加工食品
  • おやつ

基本の調味料の選び方をこちらの記事で解説しています。こちらもチェックしてくださいね!

無添加マザーみう

ただ、無添加食品は流通数がとても少なくて、
スーパーで探すのは大変!

調味料のほかにも、加工食品やミールキットなど無添加の食品が揃う通販サイトがありますよ!

初めての方限定で、1,980円でおためしできるセットがあります。こちらの記事もチェックしてみてくださいね!

②無農薬野菜にかえた

農薬や化学肥料を使っていない野菜は最高においしい!

食品添加物の危険性を調べるうちに、野菜に残留する農薬・化学肥料の危険性を知ることになりました。

国産野菜なら安心!と思われがちですが、日本は農薬大国。

2017年の統計によると、中国、韓国についで日本の農薬使用量は世界第3位

食品添加物を避けるようになって、少し慣れたころから、野菜は有機栽培や自然栽培のものを選ぶようにしました。

ただ、オーガニック野菜の生産量は全体の0.3~0.5%と言われており、スーパーではなかなか手に入らないんですよね。

※有機JAS認証を取得した農産物の生産量なので、実際にはもう少し多いと思います。

無農薬・無化学肥料の野菜が購入できる野菜の宅配サイトがあります。こちらもぜひチェックしてくださいね。

参照:農林水産省公式HP

③天然魚・良質の肉にかえた

養殖魚や家畜には様々な問題があります。

  • エサ
  • 抗生物質
  • 飼育環境

いわゆる”ふつうの肉”や養殖魚のエサには、安い外国産の遺伝子組み換え作物が与えられます。

また、狭い面積で大量飼育(=密飼い)されていることが多く、抗生物質も当たり前に使われます。

飼育環境が悪いと家畜や魚にストレスがかかり、家畜や魚がかわいそうですし、さらに抗生物質の使用が増えるなど悪循環です。

「抗生物質不使用」や「平飼い」、「天然魚」などの表示があるものを選ぶようにしています。

④調理器具をかえた

実は調理器具にも添加物が使われています。

わたしが真っ先に変えたのは”フライパン”です。

フッ素樹脂やテフロン加工製品は、空焚きにより260℃以上になった場合、有害ガスが発生するといわれています。

通常、テフロン加工フライパンでは、空焚きはしないと思われがちですが、炒め物などする場合、食べ物に面していないところは空焚き状態になっています。

わたしが使っているフライパンはこれ

  • 鉄フライパン
  • グリーンパン

いちばんのおすすめは鉄フライパンです。

おいしく調理できる!

鉄フライパンは、熱伝導もよくおいしく調理することができるので、炒め物などに最適です。

耐久性も優れており、かれこれ5年くらい使っていますが、まだまだ現役です。

ものによりますが、お手頃価格で手に入りますよ!

もうひとつ、グリーンパンも使っています。

グリーンパンの特徴

  • 独自のコーティング加工で、フッ素加工のフライパンと変わらないやり方で使える
  • フッ素樹脂以外にも、PFOAやPFAS、鉛・カドミウムなどの有害物質を使っていない
  • 独自のコーティング加工でフライパンが長持ちする

わたしがフッ素加工のフライパンから鉄フライパンへ移行した時は、使い方が違いすぎて苦戦しました。

鉄フライパンはハードルが高い!と感じた方は、グリーンパンがおすすめです。

無添加マザーみう

フッ素加工のフライパンと変わらない使いやすさでおすすめ!

⑤洗剤・シャンプーをかえた

洗濯洗剤や食器用洗剤、シャンプーなどには、「合成界面活性剤」が含まれています。

合成界面活性剤は、からだにも環境にも有害といわれる化学物質のため、すべて石鹸に変えました。

合成界面活性剤とは?
石油由来の原料などを合成することで人工的に作り出した界面活性剤

安心できる会社さんはたくさんありますが、わたしは「シャボン玉石鹸」を愛用しています。

無添加マザーみう

こどもから大人まで安心して使えるから大好き♡

わたしが使うシャボン玉石鹸のせっけん類はこちら!

  • 洗濯石鹸
  • 食器用洗剤
  • シャンプー
  • 歯磨き粉
無添加マザーみう

おとなとこどもで使い分ける必要がないので、
おうちもスッキリしますよ!

⑥化粧品をオーガニックのものにかえた

HANAオーガニック

化粧品にも、合成界面活性剤や合成防腐剤、合成ポリマー、タール系色素など様々な化学物質が含まれているものが多いです。

数年後のお肌のためにも、オーガニックのものに。

悪いとわかりつつ、まだ続けていること

悪いとはわかりつつ、いまだに続けていることもたくさんあります。

おもなところはこのあたりです。

  • たまの外食・・・たまにラクしたい
  • ヘアカラー・・・おしゃれしたい
  • シャンプー・・・湯シャンがいいと言われるけどやっぱり無理
  • 電子レンジ・・・便利すぎる
  • 電気ポット・・・便利すぎる

やめたい習慣ではありますが、いまだにやめられないです。

たとえばヘアカラー。

カラー剤の成分のけい皮毒が気になり、一時期、天然の毛染めのヘナカラーをしていましたが、黒髪には色がほっとんど入らないんですよね~。

おしゃれも楽しみたいので、数か月で挫折しました。

シャンプーも、湯シャン(お湯だけで洗う方法)や、重曹シャンプー(重曹水で洗い流す方法)も試してみましたが、こちらも数日で挫折。

電子レンジも、調理目的の使用はやめましたが、たべものを温める時には使っています。

脱電子レンジのために、蒸し器を買いましたが、時間がかかるのと利便性から電子レンジはまだ使っています。

まとめ

食品添加物を除去して5年目のわたしとぼくの体験談をご紹介しました。

息子ぼくのアトピーを改善するために、

腸内環境によい食品を食べさせたり、毎日温泉に入れるなど、様々なことをためしてきました。

最初はいやがるぼくに、発酵食品やオリゴ糖を食べさせたり、亜麻仁油を飲ませたり…。沁みる肌に塩水をかけたり…。

息子ぼく

塩水も亜麻仁油もいやだった!

無添加マザーみう

ごめん~!

完全に添加物を除去したわけではありませんが、

食品添加物などのさまざまな添加物の摂取を減らしたことで、かなりの変化を感じることができました。

あなたも調味料だけかえてみる!などゆるくはじめてみませんか?

無添加生活の始め方をこちらの記事で解説していますのでチェックしてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次